雄琴ソープを中心に全国各地の風俗の歴史を徹底解明!「風俗歴史館」へようこそ

2019/03/12

雄琴のソープがロングでも楽しめる理由

ソープランドの楽しみ方は色々とあって、人それぞれにこだわりがあるもの。
そんなこだわりの一つに「遊ぶ時間」というのがあります。
短時間でサッと楽しむ人、ロングコースでのんびりゆったりと人、色々といるわけですが、この利用時間は地域差があると言われています。
雄琴のソープは比較的ロングコースが多いと言われているのですが、どうして雄琴はロング客が多いのでしょうか。

■ 理由その1:利用客の年齢層が高め

雄琴は、昔から利用客の年齢層は高めとなっていて、温泉街の利用客がそのままソープランドの利用客だったからです。
今では温泉客だけではありませんが、それでも雄琴のメインとなる利用者は30代以降となっていて、40~50代というのが中心でしょうか。
その年代になると、やはり短時間でプレイだけを楽しむという方は少なく、キャストとのコミュニケーションを望む方が多くなります。
そうなると、格安店でも基本の40分や50分というのではなく、少し長めのコースを利用しますし、お金に余裕がある方は高級店などへシフトするのです。

■ 理由その2:サービスの質が高い

雄琴のソープランドは、全体的にサービスの質が良いと言われています。キャストの質よりもサービスの良さで育ってきた地域で、今でもその名残はあります。
老舗と呼ばれる所であれば、高級店に限らず大衆店や格安店でさえも、その値段以上のサービスを行ってくれる所ばかりです。
よく「ロングコースは時間を持て余してしまう」なんていう方もいるのですが、そういった方でも時間が短く感じたという話はいくらでもあります。
在籍しているキャストも経験豊富なベテランが多いので、男性を喜ばせる術を熟知していることもあるのでしょう。
洗いやマット、ベッドなどなど、行われる一つ一つのプレイがしっかりしているからこそ、短時間では楽しみ切れないのです。

■ 理由その3:魅力的なキャストが多い

ソープ遊びにおいてキャストの選択というのはとても重要です。同じ60分であったとしても、キャストによって最高の時間になるか最低の時間になるのかが変わります。
雄琴で働くキャストは、他の地域と比較するとやや年齢が高めであることは知られていますが、だからこそ魅力的なキャストに出会える可能性が高いのです。
魅力的なキャストには長く入りたいと思うのが男の願望というもので、そういったキャストが多いからこそ、雄琴ではロング客が多いというわけです。

雄琴のソープランドを利用する際は、短時間のコースよりもロングでの利用がおすすめです。
建物も大きく広いですから開放的ですし、キャストも上質でサービスも良いのであれば、ロングでも物足りなく感じてしまうかもしれません。