雄琴ソープを中心に全国各地の風俗の歴史を徹底解明!「風俗歴史館」へようこそ

2018/12/10

雄琴のソープ街についての傾向をまとめてみた

雄琴のソープ街は、温泉街の傍に約40軒のソープランドが営業を行っていて、夜の雄琴を代表する遊び場となっています。
雄琴に訪れたら絶対に楽しんでおきたい雄琴ソープですが、約40軒ある中からどうやって決めていいのかというのは、他県から訪れる方にはなかなか判断が難しいのではないでしょうか。
そういった方のために、雄琴のソープ街はどういった傾向があるのかを若干ですがまとめてみました。

■価格傾向■

メインとなっているのは格安店~大衆店の比較的財布に優しい価格帯の店です。高級店の数は意外にも少なく、全部で4店舗しかありませんしそのうちの2つは割引などを多く行っていて実質中級店クラスの予算で遊ぶことが出来ますから、本当に高級なのはごく僅かです。

■サービス■

現在営業している店は、概ね好評を得ている店が多くなっています。格安店であってもサービスはきっちりしていて地雷と呼ばれる店や女性はあまり見かけません。特別な何かというよりも、一つ一つのサービスをしっかりと行うという店が主流。福原など他のソープ街から出稼ぎに来ている女性も多く、女性の年齢層はやや高め、20代後半~30代の女性が中心です。ソープ街全体で衛生管理を徹底しているため、基本的にサービスの際はスキン着用が前提となります。ごく一部の店の一部の女性が、常連の方などを相手にノースキンでのサービスを行っていることもあるようです。

■雄琴ならではの特徴■

やはり一番は建物の大きさです。郊外のラブホテルと思わせるような建物が並び、必然的にサービスを受ける個室も広くなっていますから、どの店を選んでも窮屈さを感じるということはないでしょう。これは高級店でも格安店でも同じで、格安店でも吉原などの高級店以上の広さがあることは珍しくありません。ソープ街全体が独立した立地になっていて、ソープ街のほぼ全ての店がソープランドですから、呼び込みなども含めて街の雰囲気は独特です。国道沿いにありますので自家用車などでも訪れやすいのですが、ソープ街に入ったらハザードを点けたまま移動しないと呼び込みにまとわりつかれることもありますので、覚えておくと良いでしょう。ハザード点灯車は予約済みという業者間の合図であるらしく、最近の不況で客数が減ってきているせいもあって多少強引な呼び込みが行われることもありますが、かなりマシになるでしょう。

よっぽど運が悪くない限り適当に選んだとしても大外れになることはありませんが、雄琴の立地柄集客のためにネットでの宣伝には力を入れているようで情報自体は豊富です。軽くでも下調べをしていけば、満足出来るソープ遊びが出来ること間違いナシといった所でしょう。